アバクロの歴史

アバクロンビー&フィッチ

アバクロはボルティモア出身のデビッド・アバロクロンビーが、アバクロンビー(abercrombie)というブランドでオープンしたことが始まり。
最初は、キャンプ用品や狩猟用品の店としてオープン。
後にアバクロンビーのお客だったエズラ・フィッチが経営に参加したことで、abercrombie&fitchとなった。

アバクロ(アバクロンビー&フィッチ)は、歴史に残る人物たちも愛用した100年の歴史を持つブランドです。
セオドア・ルーズベルト、ジョン・F・ケネディ、アーネスト・ヘミングウェイといった、そうそうたる偉人も愛用者であった。

現在のアバクロは、アメリカ国内に350以上の店舗を持つ、東海岸のカレッジライフスタイルを体現したブランド(アメリカンカジュアルブランド)として広く世界中で愛されています。