アバクロの特徴カテゴリの記事一覧

アバクロ商品の特徴

アバクロ商品の特徴として、独自のユーズド加工(ヴィンテージ加工)があります。

着古し感を出すため、わざと襟首や裾を切ってほつれさせたり、色落ちさせたり、ロゴやプリントを一部はがしていたりします。
特にメンズ商品の襟や袖などに施してあり、新品の商品ですが古着のように見せかけているのが特徴です。

ビンテージ加工のひとつで、ストーンウォッシュ(Abercrombie Wash)という、生地に砂を使って洗いがかけられているものがほとんどです。

アバクロの商品は、このビンテージ加工がたくさん施されているため手間がかかり、それが高い価格設定にもなっています。
特にユーズド加工がひどい商品のほとんどは、商品名に"Destroyed"という文字が入っていたりします。

また、直営店から購入した商品からは微かに香水の香りがするのも特徴。
これもアバクロのコンセプトとして商品に振りかけているもの。

ビンテージ加工にはかなり高い技術が必要とされますが、アバクロのビンテージ加工技術は良くできており、アメリカだけでなく日本でもたくさんのファンを魅了しています。